アメリカ早分かり




CELEBRATE! 米国の祝日
クリスマス 12月25日

クリスマスは、米国民のほとんどが祝う楽しい祝日である。その起源はキリスト教であるが、今日クリスマスは、さまざまな信仰を持つ人たちがさまざまな形で祝うホリデー・シーズンとなっている。クリスマスの言い伝えは聖書から来ている。それによると、羊飼いたちの前に天使が現れ、ベツレヘムのうまやでマリアとヨセフに救世主となる子どもが生まれたと告げた。そして、東方の三賢者(マギ)が不思議な星に導かれて、その赤子イエスのもとにやってきた。賢者たちは生まれたばかりの赤子に敬意を表し、黄金、乳香、そして没薬(もつやく)を贈った。3人の賢者がこの赤子の誕生を歓迎して贈り物をしたことから、クリスマスにはプレゼントをする習慣ができた。

[続きを読む]


国務省国際プログラム局の出版物
『生きている遺産 無形文化を守る』


現在、世界の人口の半分以上が25歳未満であり、発展途上国に 住んでいる若者の割合はさらに高い。何百万人という若者が、気候変動・貧 困・病気の脅威にさらされた世界を受け継いだり、そうした世界を次の世代 に手渡したりすることは望まないことを表明し、自らの創造性や活力を発揮 し粘り強く行動することで、より持続可能な世界へと至る道を切り開こうと している。

『eJournal USA』本号では、よりクリーンで地球にやさしく持続可能な未 来への道を若者がどのように開きつつあるかを探る。環境団体の立ち上げか ら代替エネルギー資源の開発まで、今日の若者は、世界をより良い場所にす るために必要な資質や能力を備えている。

[続きを読む] (PDF)


[最終更新日:12/2/2014]

サイト内検索
Powered by Google.com

What's New

アメリカンセンター
レファレンス資料室

アメリカのビザ及びアメリカ市民サービスについてのご質問は、こちら のページをご覧下さい。

米国大統領と政権



Embassy of the United States Home |  U.S. Citizen Services |  Visas |  Policy Issues |  State Department |  Contact Us
Privacy |  Webmaster