アメリカ早分かり




CELEBRATE! 米国の祝日
イースター(復活祭)
3月22日から4月25日までの間の日曜日
(2015年は4月5日)


イースターの日曜日に行われるさまざまな慣習の本来の意味は時と共に忘れられつつあるが、その起源はキリスト教そしてキリスト教以前の宗教にまでさかのぼる。そしてそれはいずれも再生を祝福する「春への賞賛」である。白いテッポウユリが、イースターの荘厳さを表わすシンボルとなっている。「イースター」という名前は、アングロサクソンの春の女神「Eastre」にちなんだものである。この女神を称える祭りが毎年春分の日に行われていた。

[続きを読む]


CELEBRATE! 米国の祝日
女性史月間 3月


女性史月間が生まれるきっかけとなったのは、1970年代にカリフォルニア州ソノマ郡で、学校のカリキュラムと一般市民の、女性に対する意識を高める運動が行われたことである。1978年に、カリフォルニア州ソノマ郡の婦人の地位委員会の教育タスクフォースが、「女性史週間」を導入した。3月8日が国際女性の日であるため、3月8日の週が女性史週間とされた。この運動のニュースが広まるにつれて、全米各地の州教育省が同様のカリキュラム変更を行い、教室における男女平等達成のひとつの手段として女性の歴史を称えることを奨励した。1987年に、全米女性史プロジェクトという団体が3月を全米女性史月間に指定するよう米国連邦議会に働きかけた。それ以来、連邦議会は上院・下院ともに毎年、女性史月間を承認している。

[続きを読む]


E−ジャーナル
『ダイナミック・イングリッシュ 』

人気のあるメディアに触れたり、ブログその他のウェブサ イトを読んだりする人たちはもちろんのこと、たいていの 人々は毎日少なくともひとつは新しい英単語に出会う。とり わけ、外国に住む米国民は、英語の変化に敏感である。外国 で暮らす米国人や、海外生活を終えて帰国した米国人は、聞 き慣れない単語や言い回しに面食らい、そうした新しい言葉 が急速に広まっていることに驚く。

[続きを読む]


[最終更新日:3/31/2014]

サイト内検索
Powered by Google.com

What's New

アメリカンセンター
レファレンス資料室

アメリカのビザ及びアメリカ市民サービスについてのご質問は、こちら のページをご覧下さい。

米国大統領と政権



Embassy of the United States Home |  U.S. Citizen Services |  Visas |  Policy Issues |  State Department |  Contact Us
Privacy |  Webmaster