アメリカ早分かり




2015年一般教書演説

オバマ大統領は1月20日の午後9時(現地時間)より米国連邦議会で、今後1年間の施政方針を示す一般教書演説を行いました。好調な経済を背景に中間所得層への子育て支援を目指すことや、テロの脅威への対応、キューバへの政策転換と経済制裁の緩和、地球温暖化対策、言論の自由や人権の擁護を進めて行く方針などを示しました。


国務省国際プログラム局の出版物
『生きている遺産 無形文化を守る』


現在、世界の人口の半分以上が25歳未満であり、発展途上国に 住んでいる若者の割合はさらに高い。何百万人という若者が、気候変動・貧 困・病気の脅威にさらされた世界を受け継いだり、そうした世界を次の世代 に手渡したりすることは望まないことを表明し、自らの創造性や活力を発揮 し粘り強く行動することで、より持続可能な世界へと至る道を切り開こうと している。

『eJournal USA』本号では、よりクリーンで地球にやさしく持続可能な未 来への道を若者がどのように開きつつあるかを探る。環境団体の立ち上げか ら代替エネルギー資源の開発まで、今日の若者は、世界をより良い場所にす るために必要な資質や能力を備えている。

[続きを読む] (PDF)


[最終更新日:1/22/2014]

サイト内検索
Powered by Google.com

What's New

アメリカンセンター
レファレンス資料室

アメリカのビザ及びアメリカ市民サービスについてのご質問は、こちら のページをご覧下さい。

米国大統領と政権



Embassy of the United States Home |  U.S. Citizen Services |  Visas |  Policy Issues |  State Department |  Contact Us
Privacy |  Webmaster