法律と条約 - 主要な法律
概要

  公法とは個人(市民、会社)と国家の関係を規定するものである。公法は4部門―行政法、憲法、国際法、刑法―に分けられる。行政法は政府の行政機関の活動に由来する法体系である。憲法は国家と個人の関係、国家の異なる機能―行政、立法、司法―の間の関係を取り扱う。国際法は戦時、平時の両方における国家間の関係を扱う。刑法は、犯罪や刑法犯に対する法的処罰に対処する。

注記: 下記で扱う文書は成立した公法で、必ずしもその後加えられた修正を含むものではありません。最新の法律としてではなく、立法の大まかなガイドとしてご利用ください。

ウェブサイト
市民権
障害者の権利
雇用均等
信教の自由
投票権
ウェブサイト
子供と社会保障
ウェブサイト
汚職
ウェブサイト
環境問題
ウェブサイト
ウェブサイト
政府と外交
銃規制と暴力犯罪
安全保障と反テロリズム
ウェブサイト
技術と知的財産権
ウェブサイト
Embassy of the United States Home |  U.S. Citizen Services |  Visas |  Policy Issues |  State Department |  Contact Us
Privacy |  Webmaster